メールはこちらから




メリークリスマス− クリスマスの ご案内 −白い花束


 

< クリスマス時期の 教会の 聖堂内と お庭について >


神さまは 私たちみんなを 愛しておられる 天のお父さんです。

どなたでも お祈りに いらしてください。

   
 ベルをつけた正門


 
 ・・・クリスマス時期の 聖堂へ・・・
 
 
 神さまは、すべての人に 門を開いておられます。

 教会も、門が開いているときは、
 
 どなたでも お祈りに いらしてくださって よいのです。
 
 あなたの心を 神さまに開いて 心静かに お祈りください。
 
 神さまは、純粋な あなたの祈りの心を まっすぐに 受け止めてくださることでしょう。
 
 
 ミサにも、初めての方も、どうぞ ご参加ください。
 
 ミサがない時でも、聖堂で こころ静かに お祈りにいらしてください。
 
 
 みこころのキリスト像
・・クリスマス時期の 教会の お庭のようす・・・
 
 カトリック伏見教会の 正門入り口から 正面に見えるのは、
 「みこころのイエス像」です。
 
 傷ついてもなお、両手を広げて待っておられる
 「愛」そのものである イエス様の姿です。
 
あわれみのマリア像1


 教会の庭の 正門から向かって右側で
 やさしく ほほえんでおられるのは
 「あわれみのマリア像」です。
 

東方の三博士昼間1

 
 庭のマリア像の左横には、クリスマス前後の期間にだけ見ることができる、
 「東方の三博士と聖家族」が、飾られています。
 
 これは、イエス様が、お生まれになったときに、
 星をたよりに お祝いに訪れてきた 東の国の博士たちと、
 聖家族(幼子イエス様、聖母マリア様、聖ヨセフ様)を、現しています。

 約2000年前の
 世界で初めての 「クリスマス」の情景を 想いながら、
 わたしたちは、毎年、クリスマスに
 人となられた救い主 イエス様が お生まれになった喜びを、
 感謝のうちに 祝っています。
 
東方の三博士夜間ライトアップ1

 
 カトリック伏見教会では、
 待降節(2013年12月1日〜)頃から、降誕節(2014年1月12日)まで、
 クリスマスのライトアップをする予定です。どなたでも ご覧いただけます。

 ☆ 降誕節とは、主の降誕(12月25日)の「前晩の祈り」から、
    主の公現後の主日(1月7日〜13日の間の日曜日)をいいます。

 
 

 

 



  <お願い>

教会は、神聖な 祈りの場所です。みんなが 落ち着いて お祈りできるように、
マナーをお守りくださいますよう、ご協力をお願いいたします。

聖堂内でのご注意

・ 聖堂内での 飲食および私語は ご遠慮ください。
・ 聖堂前方の祭壇には 上がらないでください。
・ この時期の聖堂には、ろうそく、飼い葉おけ、ツリーなどの飾りがあります。
  お手を触れないよう、ゆっくりと ご覧ください。
 
・ 結婚式など特別な行事を行っている時もございます。
・ わからないことがあれば、受付の者にお尋ねください。 
 
お庭やライトアップをご覧いただく方へ

・ 教会の敷地内は、禁煙です。
・ ライトアップをより見やすくするため、夜間は教会の駐車場は閉鎖しております。
・ 近隣のご迷惑にならないよう、教会前には路上駐車はなさらないでください。
・ できるだけ、公共交通機関をご利用の上、お越しください。